ねこバスに乗って

みんなの楽しそうな顔見たいだけさ

関ジャニ∞四字熟語

 

私事ですが。

四字熟語を覚えなくてはいけなくなりました。

しかし漢字は苦手です。ついこの間「挨拶」を書けるようになったぐらいのレベルで苦手です。読みならまだしも、書きとなると手も足も出ません。

 

そんな私は四字熟語を関ジャニ∞さんに当てはめて覚える方法を思いついたのです。こうすることによって楽しく覚えられます!!!(たぶん)

 

もし間違っていても怒らないでください。胸ぐら掴んで、おめぇここ違うわボケ!とかではなく、そっと教えていただけたら幸いです。

 

 

 

 

 

漢字弱者の私が独断と偏見で選ぶ

関ジャニ∞四字熟語〟

 

まずはグループ全体を表す四字熟語から。

 

「光彩陸離」(こうさいりくり)

①光輝きまばゆいばかりに美しいさま。

②物事が他を圧して素晴らしいさま。

関ジャニ∞さんはとても輝いています。(物理)ファンであるだけでなく人として尊敬と憧れの念を持ち合わせているので余計に眩しくキラキラして見えます。そもそもイケメンが7人も揃ったらあまりの美しさに神々しいオーラを放ち、周りをを圧倒させてしまうのも当然ですね。

 

 

「眉目秀麗」(びもくしゅうれい)

①容姿が大変すぐれ美しいさま。主に男性に用いる語。 

一言で表すと「イケメン」です。言うまでもありません。また、容姿端麗は女性に使う言葉らしいので、キャンジャニちゃんの場合はこちらです。

 

「衣錦還郷」(いきんかんきょう)

①出世して故郷に帰ること。

この間のクロニクル*1でまるちゃんが錦戸さんの誕生日に向けて歌っていた「故郷に錦を飾るどー♪」が語源みたいです。

客席がガラガラだった松竹座をから始まり、それを満席にするほど努力を積み重ね、今では5大ドームツアーを年に2回も行うキラキラアイドルに登りつめた関ジャニ∞さん。大阪ドームでのライブはまさに「衣錦還郷」だね!(使ってみたかった)

 

続いてはメンバーそれぞれに向けた四字熟語です。

 

横山裕

「韜光晦迹」(とうこうかいせき)

①優れた才能などを人に気づかれないように包み隠すこと。

率先して会話を進めたりツッコミをしたりしているイメージもありますが、普段は表立ったことをやらず、裏で活躍する縁の下の力持ちのようなところが多い横山さん。プロデューサーのようなことをしていらっしゃるように企画力の強さもそのうちの1つです。『トガキハウス』が賞を獲った*2のが何よりの証拠です。おめでとう!!!!

また、グループでバラエティに出演した際に誰かがボソッと言った言葉を「ちょっとすいません!」と、流れを止めてまでボケを拾い、それに爆笑してくれるのも横山さんです。

 

渋谷すばる

破邪顕正(はじゃけんしょう)

①誤った考えを打破し、正しい考えを示し守ること。仏教語。

〝王道〟と呼ばれるものはあまり好きではなさそうですが、自分なりの正義を貫き自分の道を突き進むという意味ではすばるくんにぴったりだと思います。

また、すばるくんは「自分と考えが違う人を攻撃する」というよりは「自分なりの考えを示し、なおかつその人の考えも守る」人のようなイメージです。

まだ関ジャニ∞さんをよく知らなかった頃、映画『味園ユニバース』のインタビューかなんかで「ポチオがすぐ暴力で解決しようとするのが理解できなくて大変だった。」と言っていたと聞いて、この人は見かけによらず(失礼)大きな優しさを持っている人なのだと驚いた覚えがあります。

 

村上信五

三面六臂(さんめんろっぴ)

①仏像が3つの顔と6つの腕とを一身に備えた形をしていること。

②転じて1人で数人分もの働きがあること。

村上さんが持っているのは3つの顔ではなく1つの麗しいお顔、6本の腕ではなく血管が浮き出てそうな細い2本の腕。よってここでは②の意味になります(あたりまえ)。

お母さんだったり、幼女だったり、鋭いツッコミ役かと思えば、天然なのか分からないボケをかましたり…と色々な面をもっている村上さん。頑張り屋さんなので5人分くらいのお仕事をしている時もあります。もうちょっと休んでもいいんだよと思うこともしょっちゅう。でもそういうところも大好きです!

また、関ジャニ∞という名前を広めているのも主に村上さんだと思っています。その点でも村上さんは関ジャニ∞さんの顔といっても過言ではありません。

 

丸山隆平

「天衣無縫」(てんいむほう)

①詩歌などが技巧を凝らしたあともなく、いかにも自然で完全で美しいこと。

②天真爛漫の意。

この四字熟語はあまり男性には使わないのかもしれませんが、これを初めて聞いた時はまるちゃんしか思い浮かびませんでした。

まるちゃんの場合は詩歌ではなくギャグ。なにを考えているわけでもなく(考えているのかもしれないけど)自分のパッと思いついたものを口に出すだけ。なのにとっっても面白い。私の場合、サタデープラスの一番最初にまるちゃんが抜かれる場面の一言が毎回ツボです。まるちゃんの纏っているやさしく明るい雰囲気だと天真爛漫もあながち間違いではないとも思いますが、まるちゃんの場合はちょっとだけ闇が見えるので却下しました。でもそういう所も良いよね!

あと、本筋とは全然関係ないですが。まるちゃんの光と闇の対比は、すっっっっっごい明るい光が3割、ノーマルな闇が7割な感じがします。(え?)

 

安田章大

 「多芸多才」(たげいたさい)

①多くの方面に豊かな才能や技術をもっていること。

昔は「器用貧乏」と言われていたみたいですが、発想を転換して 全部極めたらええんや!と前向きに考え、さらにそれを実行。例え、それが思いついたとしても早々できることではありません。歌も演技もギターも作詞作曲もダンスも漫才も全部出来て、歌にいたってはメロディーも歌えるしハモりもピカイチ。最近でいうなら『応答セヨ』のカップリング、『Street Blues』。この歌声にやられたファンは一体どのくらいいるのか、どのくらいのファンをギャップ萌えというどん底に落とし込めば気がすむのでしょう…。

また、持ち前の人懐っこさでたくさんの人に愛されるのも才能です。

やすだくんが主演を務めた舞台『俺節』の映像化を熱望する声がたくさんあがっているのは全てにおいて自分の出せる全力を尽くすやすだくんだからこそだと思っています。

 

錦戸亮

「千両役者」(せんりょうやくしゃ)

①技芸抜群の役者

②技量に優れ際立った活躍をして周囲を魅了するひとのこと。

先日公開したばかりの映画『羊の木』でも個性の強い役がたくさんある中で、普段はアイドルとして輝くことがお仕事である錦戸さんが「普通の人」を演じきったことに絶賛の嵐でした。

もちろん演技だけでなく、まつげの長い瞳や高い鼻、凛々しい眉など見る人を魅了するルックスの持ち主。なのにそれに頼らず、誰よりも自分に厳しく、努力を怠らない。そんなストイックさも魅力的。

また、番宣が得意ではなかったはずなのにそれらを笑いに変え、上手く乗り越えていた錦戸さんも記憶に新しいです。昔の安田さんのような器用貧乏ではなく、全てをそつなくこなす器用さもまた人々を惹きつけているものの1つだと思います。

 

大倉忠義

「鏃礪括羽」(ぞくれいかつう)

①学識を磨いて世の中に役立つ人材になること。

大倉さんの場合は、学識=ドラムの技術・処世術、でしょうか。

錦戸さんに雑誌やジャニ勉の指差し道でも「努力の人」と言わしめた大倉さん。関ジャニ∞として生き残る為に始めたドラムで、とうとう『誘惑』のセッション*3を有名なドラマーの方と3人でするまでに至りました。

表面上ではぽやぽやしていて何も考えてなさそう(超失礼)な大倉さんですが、恐らく誰よりも深く考え、誰よりもよく状況を見ている人だと思います。それは、ジャムのユニットを決める際の「上3人はみんな見たいんじゃない?」というファンの気持ちを分かりすぎている発言や新年会での他のメンバーと全く違う視点からのコメントなどからも読み取れます。

また、私は大倉さんが自分なりの立ち回り方を考えた結果があの朗らかな笑い方だと思っているので全世界とまるちゃんの心を救うあの笑顔もやはり大倉さんの努力のたまものであり、世界文化遺産に登録されるべきものです。(スケールがでかい)

 

 

 

とても楽しかったです。ちゃんと覚えたのか?とは聞かないでください。

本当は四字熟語を1人3つずつくらい当てはめたかったのですが、とんでもなく長くなりそうなのでやめました。

 

最後までお付き合い頂いた方ありがとうございました。

 

最後に三馬鹿みが溢れていた四字熟語です。

高山流水」(こうざんりゅうすい)

①素晴らしい音楽。

②清らかな自然。

③自分を理解してくれる親しい友人。

三馬鹿=素晴らしい音楽=良き理解者  という方程式が成り立ちました。思ってた以上に尊い。ありがとう、世界。

 

 

 

引用:

http://sanabo.com/words/

http://www.kanjipedia.jp

https://kotobank.jp

http://yoji.jitenon.jp/sp/

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/メインページ 他 

 

*1:関ジャニ∞クロニクル トガキハウス 17.11.25放送

*2:放送批評懇談会による「ギャラクシー賞」の7月月間賞

*3:関ジャム 完全燃show 17.12.03 放送