ねこバスに乗って

みんなの楽しそうな顔見たいだけさ

コメンタリーも語りたかった。

おはようございますこんにちはこんばんは。

この間はエイタメのBlu-ray特典についてこの記事で語らせていただきました。

ilikesomething.hatenablog.com

 

でもコメンタリーについては全然触れなかったんですね。何故か分からないけどほとんど何も書いてない。たぶんこれがすばるくんの魔法です。(上記参考)

なので!ここで改めて感想を書きます!!

 

注意)当然のようにネタバレしてるよ

 

 

 

 

 

 

 

関ジャニ∞'sエイターテイメントコメンタリー感想

 

もちろん全部は書けません!(文章力の無さのせい)

注目するべき2つのおすすめポイントをあげます!!

 

◯横山さんの「とんでもない」

関ジャニ∞さんの人間味

  

まず、横山さんの「とんでもない」から。

コメンタリーで飲み物を渡すところがあったんです。お茶かコーヒーをね、まるちゃんか大倉さんに(あやふや)渡してたんですね。優しいですね。

その時に「ありがとう。」とお礼を言われてたんですけど「とんでもない。」って返してたんですよ。

 

え??

 

日常生活で「とんでもない。」って使ったことあります?

もしかして使ったことないの私だけですか?私の周りの人も使ってるの見たことないんですが、私の周りだけ?え??ほんとに??

「ありがとう。」もしくは「ありがとうございます。」ってお礼を言われて「とんでもない。」ってあんなにナチュラルに返せる人見たことない。私だったら「いいえー。」とか「はーい。」とかで終わらせてしまいます。

しかも横山さんって最年長じゃないですか。年下で20年以上一緒にいるメンバーに敬語でしかもなんかすごくさらっと「とんでもない。」って!!かっこよすぎか!!無理好き!!お顔も爆イケなのに中身もイケメンなんて…(今更)

横山さんはレンジャーでもイケメンですよね。風邪が流行ってたらさらっと気遣ったりとか…なんかこうさらっと!!さらっと!!大人の余裕なカッコよさ!!が!!あるんです!!本当にイケメン!!(語彙力)

あとエイタメの本編も見たんですけどまずお顔が良い。なぐりガキBEATとか最初に見た時カッコよすぎてめんたま飛び出ました。うそですけど。めんたま飛び出そうなくらいイケメンでした。釘付けでした。これは本当です。

 

次にコメンタリーを見て思ったこと。

関ジャニ∞さんって人間だったんですね。」

いや当たり前だろって思うでしょう?私も一応分かってはいるんです。頭では分かっているのになんとなくこの世の人じゃないような気がしてたんです。

だから錦戸さんがティッシュを取れなくて破れちゃった時「錦戸さんでもティッシュ取れないことあるんだ…。」と思ってしまいました。

他の場面も村上さんが梅干しの袋開けられなかった時とか、すばるくんが机の上を片付け始めた時とか、大倉さんがお皿にかかってたラップを水滴が落ちないように取ってた時とか。

いや全部普通のことなんですけど。関ジャニ∞さん普段はとても同じ人間とは思えないイケメンっぷりを発揮してるのでギャップがすごい衝撃でした。

やっぱりオタクはどこかでアイドルを偶像化してるんだな!!分かってても神扱いしちゃうんだろうな!!ごめんね!!!

あと、やすばの会話で噛み合ってないところありませんでした?

すばるくんが『ハダカ』の衣装とか曲のことを話してる時にやすくんがその機械について「それはその機械だけが出せる音なん?」みたいな質問をしたんです。超ニュアンスです。そしたらすばるくんが「え?これは〜の機械で〜…。」って全然違うこと答えてて。やすくんも「へぇー(??)」みたいになってた。たぶん。

質問が聞こえなかったのかちゃんと理解してなかったのか分かりませんが、ここもなんかすごく人間味を感じました。まぁ可愛かったのでオールオッケー!!

あと、まるちゃんがすごい愛されてるなーって思った。まるちゃんが映るとすぐいじられたり褒められたり質問されたり。みんなまるちゃん大好きだな!!

ライブの裏側や衣装についてのお話もありましたね。実はここ最初は違う曲の予定だったんだよね、とか バンドの合間にあったセッションは自然発生だった、とか。後者は言われるまで分からなかった。「練習したのかな」って思ってましたごめんなさい。

 

ライブとほぼ同じ位の長さなので気軽に見れる訳ではないけど、とても楽しかったです。本編だけでも満足なのにそれプラス関ジャニ∞さんのいわばオフ会のようなものを観ることができたのですっごい得した気分。

 

やっぱり2018.3.7発売 関ジャニ∞'sエイターテイメントジャムの円盤も楽しみだなー!!!(大声で宣伝)